トップへ » 当院の4つの特徴 » 虫歯治療

【虫歯治療】できるだけ削らない治療

"歯の人生を考えた治療"
歯の治療で大切なことは、5年先、10年先の、その方の"歯の人生を考えた治療"です。また、患者さんに心から納得していただく処置であることも重要と考え、できるだけ歯を削らない治療を心がけています。

できるだけ削らない治療

従来の治療では、虫歯の再発を防ぐために感染していない健康な部位まで削ったり、感染が神経の近くまで達している場合は、神経を取る処置が行われることも多かったのが事実です。しかし、神経を失うと歯はもろくなり、寿命も短くなってしまいます

最近ではこうした治療から、できるだけ歯を削らない・抜かない治療に移行しつつあります。一度削られた歯が再生することはないのですから、削らずに済むのであれば削らないに越したことはありません。そのため、当院では削る量は必要最小限に抑えます。

「この歯は抜かないで」という希望があれば、無理には抜きません
無理には抜きません成人の方の初期虫歯であれば、「虫歯が進行しないよう、しっかり歯磨きをしてください」と伝え、すぐには削らないこともあります。また、「グラグラしているけれど、この歯は抜かないで」というご希望がありましたら、無理には抜きません

実際、患者さんからご要望をいただき、残しておいた歯が3年持ったケースもあります。

どんな治療でも、患者さんが納得しない治療はしません。その反面、保険で治療するとインレーになりますが、銀歯が見えないように...といった工夫は可能な限り行い、患者さんのご希望に添うようにしております。

"10年先の歯の健康"という視点も必要
10年先とはいえ、すべての症例に当てはまるとは限りません。奥歯の場合、一見治療の必要がなさそうな場合でも、噛み合わせたときに歯の根が痛むと再治療が必要です。あるいは抜歯が必要なケースもあるでしょう。

また、"10年先の歯の健康"を考えると、最初から全部削り、人工歯を被せた方が歯の寿命を延ばすことができる場合もあります。

大切なことは「どのような治療を行えば、歯の寿命を延ばせるか」です。
このことを意識した上で、できるだけ削らない治療を心がけるべきだと考えています。

痛みを感じさせないよう、麻酔を工夫

痛みを感じさせないように麻酔注射を打つ際の様々な工夫
患者さんの肉体的・精神的な負担を軽くするために、当院ではできるだけ痛みの少ない治療を心がけ、麻酔注射を打つときも様々な工夫をしております。

痛みが少ない一番細い注射針を使用し、麻酔薬をゆっくり注入していきます。さらに、針を刺す角度や打ち方など細かい部分にまで気を配っていますので、痛みを感じることはほとんどありません。

機材的な配慮だけでなく、精神的なことにも配慮する工夫
配慮緊張して体に余計な力が入ってしまうと針が打ちにくくなり、チクっとした痛みが伴います。そのときは「鼻で呼吸してください」とアドバイスするなど、リラックスしてもらえるように心がけております。

医学的、機材的な配慮だけでなく、精神的なことにも配慮することによって、多くの患者さんに「気付かない内に麻酔が終わっていた」と仰っていただいています。

関連ページリンク

arrow当院の4つの特徴
いつでも通える医院短期で集中した治療無痛治療優れたスタッフ歯周病治療
予防歯科・クリーニング審美歯科・ホワイトニングインプラント
睡眠時無呼吸症候群料金表患者さんの声症例集医療費控除

arrow院長紹介
院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

子どもからビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルならぜひご相談ください。

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

トップへ » 当院の4つの特徴 » 虫歯治療


コールバック予約

PAGE TOP