トップへ » 当院の4つの特徴 » 虫歯治療 » 痛みを感じさせないよう、麻酔を工夫

痛みを感じさせないよう、麻酔を工夫

痛みを感じさせないように麻酔注射を打つ際の様々な工夫
患者さんの肉体的・精神的な負担を軽くするために、当院ではできるだけ痛みの少ない治療を心がけ、麻酔注射を打つときも様々な工夫をしております。

痛みが少ない一番細い注射針を使用し、麻酔薬をゆっくり注入していきます。さらに、針を刺す角度や打ち方など細かい部分にまで気を配っていますので、痛みを感じることはほとんどありません。

機材的な配慮だけでなく、精神的なことにも配慮する工夫
配慮緊張して体に余計な力が入ってしまうと針が打ちにくくなり、チクっとした痛みが伴います。そのときは「鼻で呼吸してください」とアドバイスするなど、リラックスしてもらえるように心がけております。

医学的、機材的な配慮だけでなく、精神的なことにも配慮することによって、多くの患者さんに「気付かない内に麻酔が終わっていた」と仰っていただいています。


トップへ » 当院の4つの特徴 » 虫歯治療 » 痛みを感じさせないよう、麻酔を工夫


コールバック予約

PAGE TOP