トップへ » 当院の4つの特徴 » 審美歯科・ホワイトニング » 【審美歯科メニュー/メタルフリー】

【審美歯科メニュー/メタルフリー】

メタルフリー症状メタルフリー素材をおすすめする理由
私自身、自分や自分の家族が治療を受ける場合には、できれば金属を使わず、セラミック治療を...と考えています。その理由のひとつは、歯科治療では、金属アレルギー(金属に触れることでかぶれたりする症状)を引き起こさないよう注意が必要だからです。

顔・全身にアレルギー症状を発症する場合があります
アレルギー症状お口の中に装着している義歯や詰め物など、歯科治療用金属(一般的にパラジウム・ニッケル・コバルト・クロム・水銀)が口腔内の粘膜に触れていることが原因となり、顔・全身にアレルギー症状を発症する場合があります

また、長期間の装着によって腐食などが進むと、金属成分の溶解が起こり、金属がイオン化して体内に取り込まれ、アレルギーを引き起こす可能性もあります。そのため、歯科治療方法や使用金属には注意が必要です。

インプラントは金属アレルギーが生じにくい材料です
チタンインプラントはどうかといいますと、インプラントに使われているチタンは生体親和性が高く、金属アレルギーが生じにくい材料です。

しかし、インプラントは様々なパーツで成り立っているため、チタン以外で作られたパーツがアレルゲンになる場合もあります。インプラントによる金属アレルギーが気になる方も、一度ご相談ください。

自分の家族にすすめられない治療を、すすめるわけにはいかない
そのように、様々な注意が必要となる治療は、自分の家族には勧められない...というのが私の本音です。そして、自分の家族にすすめられない治療を、患者さんにすすめるわけにはいきません。

歯は、一旦治療すればそれで終わり...ではなく、一生付き合っていく大切なものですから、安全と安心のためにも、メタルフリー素材をおすすめします。

メタルボンドメタルボンド
メタルセラミッククラウンとは、中身は金属ですが、外から見える部分にはセラミック(陶器)を貼り付けてあるクラウンです。見た目が良く、変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。
さらに、中の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯茎の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることもできます。

■身体への優しさ:★★★★★
■見た目:★★★★
■耐久性:★★★

セラミックオールセラミックの詰め物
金属を使わずセラミックだけで被せたもので、より自然な色合いと形を再現できます。永年使用しても変色しにくく、健康的な白い歯の輝きに近く、天然歯のような美しさを保ちます。

■身体への優しさ:★★★★★★
■見た目:★★★★
■耐久性:★★★


トップへ » 当院の4つの特徴 » 審美歯科・ホワイトニング » 【審美歯科メニュー/メタルフリー】


コールバック予約

PAGE TOP