トップへ » 当院の4つの特徴 » インプラント » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

カウンセリングSTEP1:カウンセリングと綿密な検査
インプラントに関することや治療の流れを説明し、インプラント治療に対する理解を深めていただきます。検査では、歯型を採って模型を作った上で、噛み合わせのチェックをします。また、診断用のCT撮影を行ないます。

CTを撮る理由
歯茎の奥の神経・血管・骨の状態は、レントゲンでは立体的に把握することができませんが、CTを用いればインプラントに必要な情報が確認できるため、手術の性能が格段に向上します。

次へ

治療計画STEP2:診断に基づいた治療計画の説明
初診での検査資料を元に診断し、より詳しい治療計画をご説明いたします。必要に応じ、最終的な被せ物を作った模型を用いて治療計画の説明をする場合もあります。いずれにしても、インフォームドコンセント(十分な説明と理解)を行ってから治療を開始します。

次へ

治療STEP3:虫歯や歯周病の治療
インプラント治療の前に、周囲の歯の虫歯治療や歯周病(歯槽膿漏)の治療を行います。また、骨量が不足している方には骨の再生治療を行います。

インプラントはチタン製のため虫歯にはなりませんが、歯周病によってインプラント周囲の骨が失われてしまいますと、インプラントが動揺したり、脱落する可能性があります。それを防ぐために、まずは歯周病等の治療を行います。

報告によれば、インプラント埋入後10年での成功率は、正常な場合90%以上、歯周病患者の場合では80%です。

次へ

STEP4:インプラント手術(1次オペ)の実施
手術インプラント(人工歯根)を埋入します。1本の治療にかかる手術時間は約2時間。局所麻酔で痛みなく行うことができます。

次へ

STEP5:インプラント手術(2次オペ)の実施
手術1次オペのインプラントがあごの骨にしっかりと癒着するのを待った後、噛み合わせのチェックを行い、人工の歯を取り付ける手術へと進みます。通常は1次オペの2か月から半年後になります。

次へ

STEP6:定期検診(メインテナンス)
手術専門的な予防処置と検査のため、6か月に1度のペースでメインテナンスを行います。これはインプラントの部分だけでなく、他の歯も同様に行います。


トップへ » 当院の4つの特徴 » インプラント » インプラント治療の流れ


コールバック予約

PAGE TOP