トップへ » 当院の4つの特徴 » 睡眠時無呼吸症候群 » 睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは

日本人で習慣的にいびきをかく人は2,000万人以上、その内の約1割の200万人が、睡眠中に呼吸が数十秒間も止まる発作が一晩に何十回も繰り返される「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」だと言われています。

睡眠時無呼吸症候群とは

いびきをかくのは眠りが浅い証拠です。熟睡できないことの代償は日中の眠気をもたらし、仕事の能率低下や居眠り運転事故を起こすなど、社会生活に様々な支障を来たす原因になります。

また、長期に渡るいびきの習慣や無呼吸症候群は、高血圧不整脈心臓病脳梗塞などを誘発したり、記憶力や思考力の低下を招きます。良質の深い睡眠(熟睡)こそが健康の源ですから、少しでも早く治療を始めることをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群の主な医学的治療
睡眠時無呼吸症候群の主な医学的治療には、下記の方法があります。

1. スリープスプリントと呼ばれるマウスピースを使用する方法
2. CPAP(シーパップ)と呼ばれる鼻マスクを通して陽圧空気を持続的に送る装置を使用する方法
3. UPPPといって、口蓋垂(扁桃腺)や軟口蓋の肥大した部分を外科的に切除する方法

疑問スリープスプリントとは?
寝るときに、下あごを少し前方に突き出させるように工夫したマウスピースを使用する方法です。この装置をお口の中に入れることで喉の気道(空気の通り道)が広がり、いびきや無呼吸が予防できます。

スリープスプリント治療の長所は?
お口の中に入る程の大きさで、出張や旅行などにも携帯することができます。また、丈夫なプラスチック加工なため、長期間ご使用になれます

スリープスプリント治療の短所は?
歯に固定して使用するため、上下で20本以上の歯が残存している必要があります。また、鼻炎などで常に鼻が詰まっている人や、神経質で寝つきの悪い人には不向きです。(そういった方には、別の方法や専門医療機関をご紹介しています。)

スリープスプリント治療に保険は適応する?
新しい治療法であるため、今のところは歯科医院のみの対応では保険適応外です。ただし、医科で検査を受けられ、病気の治療として必要という旨の紹介状をお持ちいただけますと、保険が適用されます。


トップへ » 当院の4つの特徴 » 睡眠時無呼吸症候群 » 睡眠時無呼吸症候群とは


コールバック予約

PAGE TOP