元町駅前で夜20時まで診療する歯医者さん

〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通4-2-1三和ビル2F
JR神戸線・阪神電車「元町」駅 徒歩30秒
神戸市歯周疾患検診指定医療機関・神戸市妊婦歯科健康診査指定医療機関
神戸市後期高齢者歯科健康診査指定医療機関・労災指定医療機関

診療時間
10:30~13:00 × ×
14:30~20:00 × × ×

△:14:30〜17:00
休診日:木曜日・日曜日・祝日

ご予約・お問合せはこちら

078-331-0380

当院の虫歯治療

痛みを最大限に抑えた治療への工夫

歯医者と聞くと瞬間的に「痛い」とイメージする方も少なくないのではないでしょうか。当院は、痛みが苦手で歯科の受診をためらっている方を一人でも多く救いたいと強く思っています。そのために、なるべく痛みを感じさせない、痛みの少ない治療を行っています。

治療中の痛みを軽くするために効果的なのは麻酔ですが、この麻酔注射自体が痛いという患者さまも多くいらっしゃいます。そこで当院では、麻酔注射の痛みが少なくなるような打ち方を工夫しています。

第一のステップとして、注射針が刺さる痛みを少なくするために、歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用します。こうすることであらかじめ歯ぐきに麻酔がかかり、注射を打つ際の痛みを軽減することができるのです。

次に麻酔注射を打つステップでは、非常に細い針を使います。これは日本で入手できるものの中で最も細い針です。注射針は細ければ細いほど刺すときの痛みが少なくなりますので、この効果を狙った工夫です。さらに麻酔を一度にかけるのではなく、数度に分けて段階的な麻酔を施して参ります。

患者さまへ少しでも「痛くない」治療を体験していただきたい。その思いから、このような工夫に取り組んでいます。痛みが苦手という方もぜひお気軽にご相談ください。

健康な歯をなるべく削らないMI治療を実践

歯の治療では歯を削る。これもまた、歯科に対してよく持たれるイメージです。しかし歯というものは、実は削れば削るほどもろくなってしまうものです。そうなると、せっかく治療した虫歯も再発しやすくなってしまいます。

当院はこうした再発のリスクを抑えるために、虫歯に侵されていない健康な歯をなるべく削らない治療を行っています。これは「MI治療」(ミニマルインターベンション)と呼ばれ、虫歯になっている部分だけを削る方法です。

ではどのように虫歯の部分だけを判別しているのでしょうか。当院の場合は「う蝕検知液」という、虫歯に侵された部分だけを識別できる薬剤を使用しています。このお薬を使って虫歯の部分を明確にし、さらにそこを拡大鏡(歯科用ルーペ)でより大きく確認できるようにします。こうして患部をしっかり確認しながら、MI治療用のバー(歯を削る器具)を用いて少しずつ丁寧に削り、健康な組織へのダメージを最小限に抑えるのです。

虫歯を削った部分には、コンポジットレジンという歯科用のプラスチックを詰めて形を修復します。コンポジットレジンは金属の詰め物と違い、お口の中で詰め物を直接形づくりますので、治療をその日のうちに終えることも可能です。また、健康な組織を削る量を抑えられる、白い素材なのでお口の中で目立つことがない、金属アレルギーの心配がない、などのメリットも多く持っています。

「大切な歯を傷つけない」がモットーです

当院は、患者さまの大切な歯をできるだけ傷つけない、というモットーを持って治療を行っています。これは虫歯治療において最も重要なことだと思います。そのため、まだ虫歯が小さい初期段階では、治療をせず経過観察を行うこともあります。虫歯を治療するための人工の素材はたくさんありますが、ご自身の歯に優るものはないと当院は考えるからです。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。