トップへ » 当院の4つの特徴 » 歯周病治療 » 歯周病とは?

歯周病とは?

日本人(成人)の約80%が歯周病に感染
40歳を過ぎてからのお口の中の病気で最も多い病気が歯周病です。初期段階では自覚症状がほとんどなく、歯茎の腫れ・出血などが現れたときにはかなり進行しています。

歯周病とは?

厚生労働省の調査でも、「日本人(成人)の約80%が歯周病に感染している」という報告があります。それによると、40才以上の5人に4人の割合で歯周病に感染しています。

歯周病最終的に歯を失ってしまう病気
歯周病の原因は歯周病菌です。歯垢が石灰化して歯石に変わると、歯と歯肉の間に溝ができ、その中に汚れが溜まり始めると細菌の温床となり、やがて歯肉が炎症を起こします。

感染が歯周ポケットの奥深くまで広がると、歯根膜や歯槽骨が溶かされてしまい歯を支えきれなくなります。さらに進行が進むと歯がぐらつき始め、最終的に歯を失ってしまうのです。


トップへ » 当院の4つの特徴 » 歯周病治療 » 歯周病とは?


コールバック予約

PAGE TOP