«  2018年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年7月 7日

 今回の、西日本を中心とした大雨により被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 関東では、例年より20日も早く梅雨明けし、関西でも猛暑日がしばらく続いてましたので、今年の梅雨は降雨が少なく終わるのかと思っておりました。

 ところが、先日からの記録的な大雨で各地で被害が報告されています。

 当院におきましても、従業員・患者さんの安全を最優先に考えておりますので以下の場合は、臨時休診となっております。

 1、特別警報が発令された場合

 2、医院の所在地に、特別避難指示が出された場合

 3、公共交通機関が運休し、通勤、帰宅困難が予測される場合

 ご予約の患者さんには、お電話にてご予約の変更をお願いいたしますが、ご理解とご協力お願いいたします。

 今回の大雨後の、二次災害も注意しないといけませんので、まだまだ安心はできませんが、皆様のご自愛のほどをお祈り申しあげます。

2018年6月 9日

 6月4~10日までの1週間は、厚生労働省・文部科学省・日本歯科医師会などが「歯の衛生週間」を実施しております。

 毎年、この時期は歯のクリーニングや虫歯・歯周病の点検に来院される方が多いです。現在、治療で通院されておられる患者さんの予約もありますので、ご希望の日時にご予約お取りできない場合もありますが、お久しぶりの方もこの機会に是非ご来院ください。

 当院を、受診される全ての患者さんに、歯科医師として一燈照隅の理念のもと診察しております。

 梅雨入り後で天候不順の日々が続いておりますが、例年通りの日本の四季だと安心できますね。

2018年5月 9日

 ゴールデンウイークも終わり、リフレッシュされて日常生活に戻られる方も多いと思います。もう少しすごしやすい、さわやかな気候が続くと思っておりましたが、もう梅雨入りしたかのように蒸し暑く感じます。予報では昨年より1週間早く梅雨入りするそうです。

 歯科治療は、準備を含めて通常 約30分の時間を要します。そのために、お待たせすることのないようにと予約制を設けております。

 社会人の方々におかれましては、お忙しい時期だとは思いますが、特に夕方以降は混み合っておりますので、ご予約のキャンセルはご遠慮いただけるようにご協力お願いいたします。当日ではなく、前もってご連絡いただけると幸いです。

 

 

 

 

2018年4月 7日

 今年は、各地で例年より早く桜が満開を迎えたそうです。

 毎年、満開の桜を見ますと新入社員になったような気がしてリフレッシュされます。今後も、おごることなく心を引き締めて謙虚に診療に取り組んでいかねばならないと思っております。

 例年、この時期に健康保険証の変更がおありの方が多いです。

 初診時と再診時の月始めには、保険証の提示・確認が義務付けられております。

 通院中で保険証の変更があった場合は、出来るだけ早くお伝えいただけると助かります。

 保険証の期限が失効しているにもかかわらず、治療を継続されますと後で治療費の保険負担金差額分を健康保険組合から請求されることもありますのでご注意ください。

2018年3月 3日

 本日で、開院15周年となりました。

 先週は、オリンピックの話題で盛り上がってましたね。

 日本代表のアスリートの方々が、日本国内だけではなく世界中から注目されるなか、見事に期待に応えられ称賛されている姿には感動をいただきましたね。次は、2020年の東京オリンピックです。2年後なのですが、関西在住の影響もあるかもしれませんが、まだ実感は湧いてきません。

 1年間は、10歳の時には生涯の10分の1、20歳時に20分の1、30歳で30分の1ですので、年齢を重ねるごとに一年間が短く・早く感じられます。

 毎年、3月になると開院時を思い出しているのですが、私も一年間の経過の速さを感じるようになりました。オリンピックで競技されるアスリートの方にとっては4年間を振り返ってみても、つい先日のように感じられるそうです。プロフェッショナルとして、時間の経過も忘れるほど鍛錬し練習に没頭されておられるのでしょう。

 私にとって、1年間は46分の1に間もなくなりますが、専門職、プロフェッショナルな歯科医師として、まだまだ鍛錬が必要だと思っております。学会や講習会での学習も大切ですが、やはり治療させていただいた患者さんの長期経過から学ばさせていただいていることもあります。受診される患者さんに、ベストな治療ができるようにと今後も、妥協せずに真摯に診療に取り組んでまいります。

2018年2月 3日

 今年は例年にない寒さとのことで、地域によっては数十年ぶりの大寒波だそうです。

 インフルエンザも流行のピークを迎えておりますので、予防をしっかりとしないといけませんね。

 昨年12月から、第一大臼歯にも保険適用にて白い被せ物・冠が作製可能となりました。従来は、小臼歯まででした。単冠のみで連結冠等は作製できません。

ただし、上下左右 8本の大臼歯(第一・第二大臼歯、親知らずは関係ありません)が残存している場合に限定されております。3割負担の方で、おおよそ8000円程度の治療費となります。下の奥歯は、笑ったりしますと見えてくる部位ですので、従来の銀歯ですと気にされる方も多くおられました。

 当院におきましては、必ず詰め物、被せ物をお作りする際に保険適用、適用外の材質のご説明を致しておりますので、ご質問等ございましたら遠慮なくご質問ください。

 

2018年1月 3日

 謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。

 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 本年も、真摯に診療に取り組んでまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

 年始は、1月4日 木曜日は訪問診療のため電話受付のみ、5日 金曜日より通常診療とさせていただきます。

 本年、平成30年は平成最後の1年となります。昭和から平成となった時は、私は高校生でした。改めて歳月の経過の速さを実感しております。

 天皇陛下が譲位とおおせられたに、いつの間にか退位と報道され、すりかわって言われているのに平成という時代の流れを感じております。2000年以上継続している、世界で唯一の日本の皇室制度。欧米の王室制度は約1000年です。

 様々な問題はあるとは思いますが、良き日本の伝統・習慣は元号が変わっても継続していきたいですね。

 日本は、資源が乏しい国です。そのため、製造業で発展してきましたが昨年は、大手製造企業での不正・偽造が発覚したり、大手企業が外資の傘下になったりと、私が夢や希望をもって学べた昭和の日本とは状況が一変してきております。 

 本年が、少しでも日本の未来に希望や夢を抱ける年となるといいですね。

 

.


 

2017年12月 7日

 近年は、暖冬だと言われておりますが、今年の秋は雨の日が多く急に冷えてきましたので、寒さがひとしお身にしみます。

 12月から、第一大臼歯にも保険適応にて銀歯ではなく白い歯ができるようになりました。小さな詰め物ではなく、歯の表面をすべて覆う冠になります。左右上下の大臼歯がすべて残存している場合に限っての適応となります。従来は、小臼歯に限定されておりましたが強度が改良され大臼歯にも適応となりました。詳細はまだお伝えできませんが、来年度からも銀歯に代わる新しい材料が保険治療にて使用できるようになるといいですね。

 大切な、健康なご自身の歯に勝る修復材料はございません。年に1度でも構いませんので、歯科医院での検診をお勧めします。

 年内は12月27日 水曜日 11:30までの診療とさせていただきます。

 年始は1月5日 金曜日から通常診療しております。

急患の方は、神戸市歯科医師会 休日歯科診療をご利用ください。

http://www.kobe418.jp/kyujitsu.html

2017年11月 9日

 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。地域によっては、もうインフルエンザが流行しているようですが、本年度は予防接種のワクチンが不足しているそうです。予防接種をうけたから、大丈夫ということはありませんので、警戒が必要ですね。

 先日、来日されましたアメリカ大統領トランプさんの長女 大統領補佐官のイバンカさんの報道を見たのですが、モデルもされておられるということで容姿もご立派でした。そして、素敵な笑顔でしたが、真っ白な歯にもお気付きになられたでしょうか。男性、女性を問わず、綺麗な歯並びと白い歯は、素敵な笑顔にはかかせないものです。

 歯の表面についている、喫煙・コーヒー・茶シブなど嗜好品による着色をおとりするだけでもかなり白くなります。

 虫歯治療だけではなく、歯のクリーニング目的で歯科を受診されてみてはいかがでしょうか。

 

2017年10月 5日

 朝晩はだいぶ涼しく感じられるようになり、残暑も例年ほどの厳しさはなく、心地良い季節となりました。10月から12月にかけて、国政選挙が多いと思うのは気のせいでしょうかね。

 最近、保険適用外になりますがスマートデンチャーと言いまして金属のバネが見えない入れ歯をご希望される方が増えてまいりました。約5年前から、製品化されておりましたが、通常の金具の入れ歯と比較しますと、強度と精度があまりよくありませんでした。

 近年、メーカーさんの努力により、かなり改良されてきております。インプラント治療と比較しますと快適性は劣りますが、治療期間や費用の面では良いと思います。ただし、インプラント治療は生涯使っていただきたいのですが、入れ歯(スマートデンチャー)は材質自体の耐久性がありますので平均約5年だと考えております。細かい微調整や修理が難しいのと、耐久性の点を考慮しまして、当院では出来るだけ患者さんに、ご負担をおかけすることないようにスマートデンチャーを作製できるようにしております。

 お気軽にお問い合わせください。

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

大盛歯科医院院長 大盛朝玄
大盛歯科医院
院長 大盛朝玄

【プロフィール】
平成2年/兵庫県立姫路西高等学校卒業
平成8年/広島大学 歯学部卒業
平成8年/大阪大学 歯学部大学院 口腔治療科専攻
平成12年/同上修了
同年/大阪大学 歯学部附属病院勤務
同年/大阪市内 歯科医院に勤務
(平成13・14年 大阪市立大学 医学部第2内科糖尿病外来にて歯科部門担当)
平成15年/大阪市内歯科医院退職/大盛歯科医院開業